http://atrem.net/      about  live  release  movies&sounds  blog  twitter  tumblr  facebook  mail


香 港のmonitor-recordsにてatrem [flight]コンピレーションアルバム[ambient of time]販売開始になりました。以下説明文
..Atrem is a post rock, ambient duo band consisted of Ryuichi Shima and Yusuke Kamimura. Compositions in
their first album 'Flight' are expressively created in their peculiar ways; each sound is approached in
different ways such as band sound, field recording, electronic, and ambient, such as WORLD'S END
GIRLFRIEND. Comes in a 4 panel cardboard sleeve, made in Japan with OBI strip, NEW sealed

アメリカのexperimedia labelsにてコンピレーションアルバム[ambient of time]販売開始になりました。以下説明文
..Superb compilation on the young Japanese label Whereabouts Records featuring El Fog, Psychedeism,
Tatsuhiko Asano, Radi Strand, atrem, Yu Kadowaki, Mujika Easel, naph, Tadahiko Yokogawa, and Doi Itsuqi.


cd1                                              2010 - flight (Whereabouts Records)

                                                                                             amazon  tower records  ototoy  itunes

(whereabouts record web から引用) バンド・サウンドとフィールド・レコーディングが同じフィールドに存在 し、エレクトロニカと
弾き語りが違和感なく共存するatrem(アトレム)の世界。これら様々なタイプの楽曲が一定の質感を保ちながら交錯していく、
情景豊かなデビュー・アルバムです。アナログ・ライクな奥行きのあるサウンドが全体を支配し、
柔らかなボーカルや臨場感のある素材が彩りを加える。この個性的なサウンドは、もはやジャンルで括ることはできません。
包み込むような音像と色彩感溢れる音像にタイトなベース・ラインが加わり、バック・トラックと同じフィールドにボーカルが溶け込む新感覚サウンドの
「2.戦犯」「4.風の歌を聴け」「11.人生は夢」。一方、アルバムの半分を占めるのがフィールド・レコーディング素材を緻密に構築して
作られた情景豊かな作品群です。オルゴール、指輪、トライアングル、鍵などの澄み切った金属音が美しい「1. Rondo Bell」に始まり、
踏み切りの音をベースとして作られた「7.Station」や、フルート、カラスの声、硝子、はさみの音を使った「8.flight」は共にミニマルに展 開する
ユニークなアプローチによって作られています。さらには、アナログ・シンセの無機的なサウンドと優しいノイズ、さらにギターや環境音を複雑にレイヤーし
見事なまでの奥行きを表現する「9. Films」など、完成度の高いコンセプチュアルなアルバムとなりました。そしてアルバムのラストは、
ボーカル嶋の優しくも情緒的な声が印象的な弾き語り感覚のボーカル・ナンバー「16.それから」で締めくくります。
ポストロック、エレクトロニカ、アンビエント、ミニマルなど要素を再構築してオリジナル・サウンドを生み出すatremの1stアルバムです。

----

cd2                   2011 - ambient of TIME [1song](Whereabouts Records)

                                                                                         amazon  tower records  ototoy  itunes

(whereabouts record web から引用) ” 時間”をテーマにしたアンビエント作品です。 有形、無形?概念、変化?
"時間"は我々人間の行動のすべてを支配する一方で、その捉え方、個々の時間は人により全く違う意味を持って存在します。
好きな時間、安らぐ時間、不安な時間、時間による変化、記憶、忘却..... 時間を音にしたら?
そんな閃きがアルバム制作のきっかけになりました。
10人の音楽家が"時間"に想いを巡らせ書き下ろした全10曲は、静謐(せいひつ)な残像を重ねながらゆるやかな時間の流れを創り出します。
様々なアプローチによって作られた深遠かつ抒情に満ちたアンビエント・サウンドをご堪能ください。

----

                                                                                        copyright (c) 2010-2012 atrem. all rights reserved.